« Arashi Blast in Hawaii 行ってきましたレポ その2 | トップページ | 嵐ゴト以外のハワイ »

2014年9月30日 (火)

Arashi Blast in Hawaii 行ってきましたレポ その3

もうあれから10日も経っちゃったんだなぁ。。

あんなに楽しみにしていたイベントが終わってしまって、抜け殻になるかと思っていたけど、お仕事がものすごく忙しく、まだ我が家の玄関にはスーツケースが横になってます。

今日こそ片付けるぞ。

Dsc_0041

さて、今日は問題になっていたチケットのお話です。

これはあくまで私の個人的な見解で、裏付けも証拠もない感想なので、あまり深く考えないでくださいね。

現地に行ってびっくりしたことですが、アラモアナショッピングセンターの中にある白木屋というお店で、コンサートチケットが普通に売っていました。

別にFC会員でなくても、ハワイ在住者でなくても、誰でも買えるチケット。

実は出発少し前に、チケットが売れ残っている・・・という噂があったのです。

現地に行ってから聞いたことですが、日本からのツアー客は15000人。(週刊誌によると13000人だったらしい)。

3万人の枠だから、現地で15000枚のチケットを販売しなくちゃいけなかったらしいけれど、$150もするチケット、そうそう売れるわけないよなぁ。。。とは思ってました。

でもこんなに普通に売られているとは!

では何故日本から15000人しか連れて行かなかったのか??

白木屋での販売は明らかに現地にフリーで来ている日本人や、ツアーで行って両日参加できる人を目当てに販売していると思われたので、それならもっとたくさん当選させればよかったのに・・・と思いました。

ただ現地に行ってみて感じたのは、これ以上の人数をさばくのは無理だったかも・・・ということでした。

まず一番に感じたのが、各地での人手。

旅行会社・関係各社総動員という感じで、誘導、説明会、シアター、各ホテルでのツアーデスク、何から何まで、大変な人数。

さらに問題だったのが、ワイキキからコオリナまでの送迎。

マウイからもバスを運んだと言われていたけれど、バス1台で運べる人数を考えると、大変な台数を用意しなくちゃ・・・。

金曜日は帰りのみだったけど、土曜日は学校が休みだからか、もう大々的にスクールバスが送迎してました。

バスを待つための規制退場も、コンサート終了後2時間以上かかる。

日本のバスは立っても乗せるけど、向こうは立っては乗せないのよねぇ。。。別に私たち、立っていても全然OKなんだけどなぁ。。。

やっぱりあれが限界だったかな。

現地枠のチケット列でも混乱してました。

Ticket Master枠の方々は、現地のStateIDあるいはアメリカ・カナダのIDがないと買えないチケットレスなシステムだったので、当日現地でクレジットカードを機械に通して個人認証するというもの。

面倒でしょう~。

さらにボックス指定(だいたいの位置)は決まっているものの、その中では早い者勝ちというルールの為、すごく早くから並んでる人たちもいました。

なのにゲートを開ける間際に、後ろからの人が先になったりして揉めたそうです。

そこへ白木屋のKZOO枠(現地ラジオ局枠)。

こちらは現地でチケット引換で、当日行ってみるとボックスが指定されているリストバンドをと折り畳み椅子をもらえます。その先は早い者勝ち。会場してからはみんなダッシュ。

さらにアウラニリゾート、コオリナリゾートの住民っていうか泊まってるゲストたちに、ご迷惑料としてフリーチケットが配られていました。

当日の会場前には色々な列が出来ていて、のんびりアウラニでご飯食べたりしていた私たちが並ぼうとすると、「ここじゃないですよ」って教えられたりして。

オフィシャルツアー用には、屋台とか休憩用テントとか、協賛イベントとか、トイレとかも特別に用意されていて、席も決まっていて、早くから入場できた上に、筋金入りのARASHICの集団だからコンサートルールとか熟知してるんで、全く混乱は無し。

でも現地枠、無料枠の皆様はもうやりたい放題。

スマホで写真撮影、動画撮影は当たり前。ものすごく堂々と高く掲げて撮ってたからびっくり。

さらにうちわは高々と振り上げる、帽子は被る、子供は肩車、雨が降ってきたら傘をさす、通路にはみ出てどんどん増殖する、さらにみんな背が高くてガタイが良くてでかい。

後ろにいる日本人は、もうイライラしちゃって・・・。

撮影、いいのか?!

セキュリティ、チェックしないのか???

傘、ダメだろう~とか、もう色々。

いつもの日本のコンサート、みんな暗黙のうちにルールを守り、予定調和のうちに始まり終了する穏やか~~~な空気が懐かしかったです。

あの国立でさえ、7万人収容してもさしたる混乱のない日本のファン。

やっぱ全員が嵐を守ろう!という姿勢なんだなぁ。。。

ハワイの人には、わからないだろうなぁ。。。

。。。。としみじみしてしまいました。


じゃあオフィシャルで行かないで、フリーで行けば良かったのか?と言われると、それはそれで結果論。

あんなにチケット余るとか、席の配分とか、色々蓋を開けてみなければわからないことだからねぇ。

ただ事務所的にも嵐的にもハワイの興行主(Tom Moffatt Production)さん的にも、反省点、多々あるんだろうな。

ニノが最後の挨拶で

「我々も、もうすっからかんなんですよ」と言っていたのは、このツアーの収支のことなんじゃないかなぁ。。。と思ったり。

どう考えても、そんなに儲かってる感じしなかったし。

色々演出してるうちに、どんどん費用が膨らんでった感満載だったし。

記念のイベントだから、収支トントンでOKだったのかもしれないけど、結果としてはどうなのかしらねぇ。。。と思ったのでした。

DVD出して利益を確保したいところだろうなぁ。。。早く出してくださいね。


|

« Arashi Blast in Hawaii 行ってきましたレポ その2 | トップページ | 嵐ゴト以外のハワイ »

嵐ちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Arashi Blast in Hawaii 行ってきましたレポ その2 | トップページ | 嵐ゴト以外のハワイ »