« RiRiちゃん 14歳 | トップページ | Ruby 病院を変えました »

2018年9月 3日 (月)

ペット保険

またまたご無沙汰しちゃいました。

その間、るぅの再入院、父親の入院・手術など、諸々面倒くさいことが次から次へと襲ってきましたが、幸いなことに、みんな元気です。

るぅたんはBUNとリンの値がなかなか下がらず、自宅で皮下輸液をはじめたのにあんまり芳しい効果が見られず、再入院して徹底的に数値を下げるため静脈点滴を2泊3日でやってもらいました。

入院・点滴をすると BUN 129 → 75、 リン 8.6 → 5.8 まで下がったのですが、その後またあがったり下がったりを繰り返し、現在は BUN 92 リン 6.4 (昨日の数値)となっています。

皮下輸液が死ぬほどイヤなので、るぅと一日も早く、注射しなくていいように頑張ろう!と言いながら頑張っています。

ところで今日はペット保険のお話です。
るぅたんは7歳の時に保険に入りました。

ぴーもRiRiも入っていなかったのは、あのコたちが若い頃はあまり良い保険がなかったのと、ぴーやRiRiは何かあったら闘病せずに亡くなってしまうんじゃないかな~と思っていたから。
でもるぅたんは健康優良児だし、もし何かあっても頑張れる体力と体重がある。

そんな風に思って、7歳の時点で入れる保険を片っ端から調べ上げ、入ったのです。

今となっては本当にありがたかった。


実はたまに登場するお友達のジュリオくんが、今年の1月にヘルニアになって下肢が麻痺してしまい、MRIを撮るだけで15万円!かかっていました。

ジュリオくんは保険に入っていなかったので、その後の手術、通院と全て自費。

その話を聞いた犬友達のKママさんが、6歳のダックスの為に保険に入ろうとして、そのお手伝いをしていたのですが、ペット保険ってものすごく穴があるのですね~~~

まずびっくりしたその①

1日あたりの上限金額がある・・・1日10000円とか、14000円まで、とか。

びっくりしたその②
椎間板ヘルニアに使えない保険がある

保険って、びっくりするほど高額請求があった時に使えるために入るので、1日1万円なんて、ちょっと検査したらあっという間じゃない?

現に今回のるぅたんだって、夜間救急で約4万、翌朝の診療で約5万かかったけど1日上限14000円だったら何のための保険なの!って思ったわ。

さらに椎間板ヘルニアに使えないっていうのも本当にびっくりした。

保険の説明って、あの細か~~い字で書いてあるヤツが一番重要!っていうのは知ってたけど、人間のは大体似たり寄ったりだけれど、ペット保険は本当に細部まできちんと読まないといけないな~と思ったのでした。

ちなみにるぅたんの保険は、

補償は終身
1年間の支払上限は80万円まで
通院・入院・手術に関わらず、1日当たりの免責が3000円
残りの80%を保険でカバーしてくれる、というものです。

椎間板ヘルニアにも使えます。

この保険会社を選んだ理由は、バックが人間の生命保険会社だったから。

ペット保険しかやってないと、るぅが年取ったときに潰れちゃったりしたら困るな~と思ったのです。

ただ、この保険会社も今は私の加入した80%補償の商品はもう無くて、70%がMAXだった。

昔と違って動物医療にどんどんコストがかかるようになってきてるから、これからは保険は必須になると思う。

でもその保険会社がちゃんと必要なお金をカバーしてくれるかどうか、きちんと確認したほうがいいよ~と思ったのでした。

|

« RiRiちゃん 14歳 | トップページ | Ruby 病院を変えました »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

ガンバレー。

投稿: aki | 2018年9月 4日 (火) 00時10分

>aki ありがと~
親はともかくわんこが具合悪いと本当に心が晴れないので、早く元気になってもらいたいです。でも見た目はすごく元気なの。食欲もあるし。それだけが救いなんだけど。

投稿: P姉 | 2018年9月 4日 (火) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« RiRiちゃん 14歳 | トップページ | Ruby 病院を変えました »