2013年1月 9日 (水)

月命日

今日はぴーの初めての月命日です。

まだ1ヶ月しか経っていないんだ・・・。

昨日帰りのバスの中で、ひと月前の今頃はぴーくんはまだ生きていたんだと思ったら、涙が溢れてしまい、慌てました。

ぴーのことを考えると、どうしても涙がでてきます。

最後の数日間を思い出すと、ダメだねぇ。。。

でもこの1ヶ月、泣きすぎで目の周りはボロボロ。

眉間の皺もクッキリ刻まれちゃってとれないし、目の周りも皺が急速に増えてしまって(T_T)

最近は泣きそうになったら、すぐ別のことを考えるようになってしまいました。

ぴーのことを考えなければ、涙も止まるしほぼ普通に日常生活に戻れます。

これが「大丈夫」な状態かどうかはわからないけれど、普通に暮らせているのでやっぱり大丈夫なんだと思いながら。

見たくない現実に蓋をしているだけのような気もちょっとしているのだけれど、こうして毎日忙しく過ごしているうちに、本当に大丈夫になるのかもしれないし。

私はぴーに以前から「先に逝っちゃうのは仕方ないけど、必ず何日か前に私に教えてね」と言っていました。

「そして必ず私が一緒にいる時に逝ってね」って。

ぴーはちゃんと約束守ってくれた。

本当に私のことを気遣ってくれたように感じるので、やっぱりいつまでも悲しんでいてはいけないんじゃないか、RiRiやるぅもいるのだからちゃんと前に向かっていかなきゃ・・・とも思います。

ただ残念ながら12月半ばから風邪をひいて、よくなったかなーと思ってお正月に実家に帰ったら両親ともに風邪で、また新しいバージョンがうつっちゃったらしくまだ治らず。
今ひとつ元気回復・・というわけにはいかないのだけど。

ぴーくんの四十九日までには元気になるかなー。


Dsc_0564

またお友達からきれいなお花を頂きました。ありがとうございます。

ぴーはみんなに愛されて、本当に幸せなコだね。

今頃、どうしているかなぁ。。。

| | コメント (0)

2012年12月 9日 (日)

ぴーくん、先ほど息をひきとりました

本日午後5時頃、愛犬ピーターは驚くほどあっけなく、虹の橋へ行ってしまいました。

ちょうど友人が来ていて、私が一人じゃない時を見計らったかのようなタイミングで。

悲しいけれど、まだ全然実感が湧かず、いつも通り、そこで寝ている気がします。

取り急ぎ、ご報告まで。

| | コメント (0)

連れてっ帰ってきました。

昨夜、ぴーを連れて帰ってきました。

容態は決してよくはないのですが、最後の血管もダメになって、点滴が出来ないので入院してても仕方ないため。
さらに入院中、きっとずっと同じ姿勢で寝ていたんだろうね、首が右に曲がって腰も変な風に曲ったまま固まってて、昨日は一晩中背中や首をさすっていました。

今朝見たらようやくまっすぐになっていたので、これで抱っこじゃなくても眠れると思う。。。

入院中、痛み止めを打っていなかったらしく、帰りの車の中からずっと小さな声であん、あんと泣いてました。

抱っこしていても抱き方次第で痛みがあるようで、落ち着くまでずいぶんとかかりましたが、やっぱり我が家、やっぱり抱っこ、安心するんでしょうねー、ゆっくり寝てくれました。

今朝、朝一番で病院へ行き、痛み止めの注射と皮下点滴をしてもらい、あとは色々相談して帰ってきました。

目下の悩みはご飯。

ぴーは腎臓の数値も上がってしまい、腎不全との診断。(多分腫瘍もあるだろうとのこと)

でも膵炎の数値も上がっていて、膵炎の併発しているだろうとのこと。

腎臓と膵炎とでは与える食事が真逆なの。

さらに腎臓処方食は一応食べるけど食べにくそうで、食べているうちに疲れちゃう。

でも体重が1.1kgになってしまった今、食べてくれるものを与えた方がいいんじゃないか?とも思うのです。

犬用ミルクはゴクゴク飲み、水も飲むので、水溶性のものだといいかも。

あと試しにラム肉を上げてみたらやっぱり食べる。

食べるものを上げた方がいいのかなぁ。。。やっぱり。。。でもねー。。。と悩みは続いています。
とりあえず処方食をアレンジして、ぴーでも食べやすいものを作る予定ではいますが、どうかなぁ。。。

それに膵炎が酷くなってご飯全く受け付けなくなったりしても嫌だしなぁ。。。。


ぴーは朝の痛み止めの注射のお陰でよく眠っています。

何となくとりあえず最大のピンチをまずは乗り越えたような気がします。

いつ急変するかわかんないけど。

でも頑張るぴーくんを支えていかなくてはね!



| | コメント (0)

2012年12月 8日 (土)

ぴーくん、入院しました

昨日から、ぴーが入院しています。

原因は色々考えられるのですが、経口薬が効いていなくて、点滴をするためです。

実は今週月曜日、血液検査をしました。

そしてここ数週間、ちょっと気になっていたことを見てもらったところ、新たな病気が発覚しました。

目の白内障由来の緑内障ぶどう膜炎・・・(みたいな?)という診断です。

目の眼圧が上がっていて、痛みもあるらしい。

さらに耳の中に細菌がみつかり(ここ数日、ちょっと匂いが変だった)、抗生剤を飲んでいるにもかかわらず効いていないのだね・・・ということで抗生物質がファロムというものに変わり、目薬が3種類(キサラダン・チモプトール・トルソフト)追加されました。これを1日5回点眼。

今考えると、これらの薬を与えてから、ぴーの様子が少しおかしくなっていました。

小さな変化は、ぷるぷると小刻みに震えがあること。

突然咽が詰まっているかのように苦しそうにすること。

ただ一時的なものだったので、そのままにしていました。

そして水曜日の夜中、生まれて初めて発作を起こしました。

発作が起きたのは、ぴーに目薬を注した直後のことです。

じたばたと足をばたつかせ、う○ちをしました。

最近、う○ちをする時はそういう仕草をすることが多かったので、何気なくぴーを抱き上げ、う○ちを捨てようと立ち上がった時、今まで聞いたことのないような声でぴーが吠えました。

そしてふと見ると、四肢の力が抜け、首も舌もだら~んと力なく垂れ、ぐったりしてしまったのです。

名前を呼んでも、目や口を触っても反応無し。

ついにその時が来ちゃったのか・・・と思っていました。

ただ微妙にゆっくり小さくですが呼吸はしていました。

しばらくして、多分、10分くらいしてから、少しずつぴーくんが戻ってきました。

瞬きをしたり、出ていた舌をひっこめたり、足は動かなかったけど首を少し動かしたり。

まだ生きてる!

横になると苦しいみたいで、縦に抱いていると落ち着くので、そのままずっと朝まで。

そして朝。

ご飯を食べるかどうか不安だったので、まず粉ミルクを飲ませて様子を見るといつもの食欲です。

抗生物質が合わなかったのでは?と疑ってはいたけれど、目薬かもしれないし、眼圧が上がってるせいかもしれないので、薬を入れて与えてみました。

ご飯はいつもほどではないにしろ、80%くらいは平らげ、その後水も飲みました。

ただやはりバタバタと暴れだします。

やっぱり抗生物質がいけなかったのかなーと思い、目薬は少し時間を置いて2時間後にやってみました。

するとやはりバタバタと暴れ、朝ご飯を全部吐いてしまいました。

目薬もダメだったのかなー・・・。

かかりつけの病院が休みの為、電話で相談して、抗生剤はとりあえず止める、点眼は続けるということで明日の朝、また病院へ行くことになりました。

次の日、病院へ行って血液検査をすると、月曜日の数値がずっと悪化しています。

当たり前だよー、あんなに調子が悪かったんだから!

私はたったの3日間でこんなに具合が悪くなるのは、新しく投薬した抗生剤か目薬のせいだと思っていたけれど、先生はそうは認めません。

ただ、いずれにしろ、月曜日からの抗生剤は全く効果が無く、かえって悪化している為、とりあえず全ての数値を下げるために点滴をしたいので、入院してくれ・・ということになりました。

ぴーくんはあと2か月で16歳になります。

元々体が弱かったし、私の知識も乏しかった為、万全のケアをして育てたとは言えないコです。

たくさんの病気をし、耳の中の腫瘍も放置しているし、歯周病もあります。

肝臓や腎臓の数値が標準でなくても、心臓に不整脈があろうとも、脳に腫瘍があるかもと言われても、そういうものじゃないか・・と思っています。

人間でいえば90歳超えだもん。色々あるでしょ。

治すっていうことより、現状キープでいいと思っているのです。

歩けなくても平気だし、寝たきりでもOK。

食べる気力があるうちは、大好きな美味しいものを食べさせたい。

そして本当に力尽きちゃう時は、うちで、私のいるところで・・・と思っています。

間違えても病院のケージの中で夜中にひとり・・・なんてことだけはイヤ。

なので極力入院は避けたいところなんだけど、ぴーは今まで色々な病気をしてきたせいで、もう点滴できる血管があんまり残っていません。

多分、今回ので最後かも。

一度点滴を外すともう血管が使えないため、先生的にもこの1回で回復させたいんだろうね。。。

今日の夜、もう一度検査して、一度連れ帰って明日の朝預けて点滴するか、このまま入院して続けるかを決めるそうです。

ただ日曜日は先生がいないのに、退院を決められるのかなー・・・。
とにかく早く数値が改善するよう、祈るばかりです。

| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

今日も病院~

1週間って早いね~。あっという間だわ。

というわけで、今日もぴーの病院へ行ってきました。

先週は院長先生が手術中で、女の先生だったんだけど、今日は院長。

やっぱり院長先生は判断が早いし、納得のいく説明だし、安心です。

今日は血液検査は無し。

先週、検査ではCRPの数値が上がったけれど、以前よりずっと調子が良く立ってご飯を食べたり数歩だったら歩けること、薬を飲まなかったのはたった2日間・・・という話から、この炎症の数値は椎間板では無く、別のところの数値かもね・・・という話になりました。

この歳になれば、炎症を起こす箇所が一か所とは限らない。

ぴーは外耳炎がなかなか治らないし(抗生剤の服用で一緒にかなり改善されている)、歯周病もある。

他にも炎症を起こしている箇所があるかもね。。この先はCRPの数値にはあまり神経質に考えないようにしよう~ということになりました。

ただ、消炎剤を飲むことで調子がいいなら、長く続けてはいけない薬ではないので、しばらく続けてみようということに。

なのでしばらく、当分、お薬生活です。

今日はお伴にRiRi&Rubyも連れて行って、またららぽに寄ってお散歩してきました。

ぴーくんにとっては久し振りのお散歩。

元々、お散歩大好きだったぴーくん、芝生の上を嬉しそうに歩いたり転んだりしてました。

やっぱりたまには連れて行ってあげないとな~。

でも歩けないぴーと普通に歩きたい2匹連れて散歩するのって、結構大変なんだよね~。

なので写真とか撮ってる余裕は全くナシ!

今度のドッグラン貸切の時はちゃんと写真撮ってこようと思ってます。

その頃にはもう少し歩けるようになっているといいなぁ。。。

| | コメント (0)

2012年9月29日 (土)

ニューぴーくんアイテム

今日のぴーくんです。
Dsc_0410


昨日、薬が終わったのでまた病院へ行って、再度同じ薬を一週間続けることになりました。

痛み止め、効いてるみたいで、これさえ飲んでいれば調子はいいみたい。

胃薬も入っているから、胃腸の調子もいいみたい。

さて、ぴーがやけにスヤスヤと心地よさそうに寝ている訳は


Dsc_0412_2

このおニューのマット。

いつも見ているBlogで紹介されていたのですが、ブレスエアーという商品で通気性が良く、床ずれの防止にもなるとか!

http://item.rakuten.co.jp/windowbird/araeru_petbed/

すごーい!こういうの、探してたの!なんてタイムリー!!

とポチっとしようとしたら、え?犬用Sサイズで16000円? Lだと21000円???

despair

でも可愛いぴーくんのため・・・・・・・・・・・と思ったら売り切れ中。

するとそこに人間用の同素材を使った座布団を発見!

ふわふわの羽毛布団にはくるまれていませんが、必要なのは中身!羽毛布団なら使ってないのがたくさんあるし、それでくるんじゃえばいいんじゃない?

しかも座布団なら何と!2980円です。

即お買い上げして、今朝届きました。

その座布団の上に置くと大人しく寝ているので、多分気に入ってると思います。

どうしてもお腹の下に熱がこもっちゃうのが気になっていたから、少しでも快適になってくれればね。

昨日は病院へ行く前にちょっとだけ両親に会わせてあげることもできたし、最近やけに二人だけのお出かけが多いのも何となく楽しいみたいなぴーくん。

今日のご飯はラムステーキをトッピングだったし。

足が動かない不自由さを補えるとは思わないけど、ちょっとだけ幸せを感じてくれますように。


| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

やっと落ち着いてきたので

実は先週の金曜日の朝から、ピーターは歩けなくなってしまいました。

朝、変な声で叫ぶのでびっくりして飛び起きたら、腰がくの字に横に曲がって動けなくなっているぴーが。

一瞬何が起きたのか全くわからなかったけれど、後ろの足が×になっていて、全く立つことができなくて、

痛みがあるのか抱いても、支えても、寝かせても泣き続ける。

これは普通じゃないとは思ったけれど、以前も一度足が立たなくなったことがあったので、その時のことを思い出し、温めてみたり、さすってみたり。

そして右側を下にして横になるとすぅーっと寝てくれました。

朝ご飯はペロリと食べたし、おしっこもうんちも寝ながらだけど出るし、内蔵系ではない。

ヘルニアかな。。。と思い、病院へ行くと、「椎間板脊椎炎」という診断でした。

背骨の椎間板に炎症が起き、それも複数個所に、そのせいで骨と骨の隙間が狭くなっていて、そのために痛みがあるのだそうです。

レントゲンを撮っている間もぴーの悲鳴が聞こえてきて。。。

炎症を表すCRPが高いし、この病気にステロイドは使えない。

しばらく抗炎症剤と抗生物質で様子を見ることになりました。

この炎症は細菌性のもので、男の子のマーキングやマウンティング、歯周病などから菌が体内に入り、椎間板に巣くって炎症を起こすようです。

ものすごく昔、首を痛めたことがあって、その時も骨の間が一箇所狭くなっているところがあって、あぁ、あれももしかしたら同じ病気だったのかと思ったり、どれくらいの期間をかけて炎症を引き起こすのかわからないけれど、マーキングもマウンティングも歯周病も思いきり心当たりがあるので、仕方無いと思ったり。

でも、とにかく、痛みだけは取り除いてほしい。

そう願って薬を飲ませてから、次の日くらいにはだいぶ痛みはなくなってきたようです。

最初は歩けないぴーにとてもショックを受けたけれど、1週間経って、よく考えたら、今まで一日のうちの23時間30分くらいは寝ていたのだから、30分歩けなくなったところでそれほど大きな違いはないんじゃないか、ご飯も支えていればちゃんと食べるし、タイミングよくトイレに連れて行けばちゃんと支えながらも用を足すことができる。

寝返りは自分で打てるようになっているし、ずるずると少しだけど移動することも出来てる。

そう思ったらだいぶ落ち着いてきました。

先生ったら、最悪の場合背骨が折れるとか、そうなると・・・とか、最悪のことばかり言うもんだから、思いきり凹んだわ。

もちろん今も危険が去ったわけではないし、薬で痛みを抑えているだけかもしれないから、今後も決して安心は出来ないのだけれど。

私は昔から、ぴーが痛い思いをすることだけは避けたいと思っていました。

痛みさえ取れるなら、どんな強い痛み止めも使うだろう。

そのために寿命がちょっと縮んでも構わない。

でも安楽死は。。。。

難しいです。

ただひとつだけ、どんなことになっても、どんな結論を出すことになっても、後悔だけはしないことにしようと思っています。

反省はしても後悔はしない。

多分後悔すると、どんどんさかのぼって、結局こんな私が犬を飼ったことが間違いだったんだ・・・と思ってしまいそうだから。

それはぴーにしても本意ではないだろうし、RiRiやるぅにも申し訳ないし、私にRiRiやるぅを預けてくれたお友達にも申し訳ないしね。

それに絶対楽しかったんだから。

ぴーと暮らしていた15年は最高に幸せだったんだから。

そしてぴーは足がどんなになっても、毎日ガツガツご飯を食べてくれます。

それは全然以前と変わらず。

不自由さなんて全く気にしないで。

ぴーと病院に行く時、「もうちょっと傍にいてよ。美味しいご飯、まだまだたくさん作るから」って約束したので、最近のぴーのご飯は大好物ばかりなのもあるかもしれない。

その姿を見ていると、この子はまだまだ全然やる気だなーと思えるのです。

私が諦めるわけにはいかないよね。

もうひと頑張り、ね。

ぴーくん、もう少し、一緒にいよう。

| | コメント (2)

2012年8月11日 (土)

まだまだ頑張るよー

今月でぴーくんは15歳と6か月になります。

ぴーくんのことではいつも悩みごとばかり書いていますが、悩んでばかり・・・なわけでは全然無く、普段は穏やかな普通の毎日を過ごしています。

今日、帰宅したら、ちょうどぴーくんのおトイレタイムだったようで、何と!トイレで用を足していました。

ただそれだけの、普通のコだったら当たり前のことだけど、ものすごく感動~~~。

こうして、ちゃんと自分の足で歩いてトイレに行ったり、お水が飲めたりすると、やっぱり嬉しい(o^-^o)

ぴーくんのお洗濯モノにうんざりする日も多々あるのだけど、こういうシーンを見られるなら、頑張るよ。

Dsc_0055


そんなぴーくん、歳を取ってから面白い行動をします。

ぴーはほとんどの時間寝ていて、起きるとすぐにトイレタイム。

その時、何故か小の時は右回り、大の時は左に回るのです。

右に回り始めたタイミングで、トイレに連れていくと100%失敗はしません。回ってる間、ちょっと手で支えてあげることが必要だけれど。

そして左回りの時はトイレでは足場が悪く踏ん張れないようなので、カーペットやおねしょシートの上で回ってるうちに、トイレペーパーを用意し、踏ん張ってる時に下に敷いておくとちょうどいい感じでしてくれます。

なぜ廻る向きが違うのか、わかんないけど、面白い。

寝てばっかりだし、もう目も見えない、耳も聞こえない、鼻もだいぶ効かなくなってるぴーくんですが、頭はしっかりしているように思えるんだよねー。

あと6か月で16歳。

がんばろうーヽ(´▽`)/


| | コメント (2)

2012年6月23日 (土)

老犬の悩み⑦ トイレ

何とか歩けるように復活したぴーですが、最近は滅多なことがない限りトイレには行きつけません。

床にトイレシートを敷いても、滑って安定が悪いのか、わざわざ足場の良いタイルカーペット上で用を足す始末。

元々我が家はそういうこともあろうかと安物タイルカーペットを敷きつめていて、汚れたら洗えばいいし、もっとぼろくなったら取り換えればいい~というコンセプトなんですが。

ただねー。。。タイルカーペット1枚の上に上手にしてくれればまだしも、4枚のちょうど真ん中の継ぎ目でしちゃうっていうのはどういうことなのかな。

嫌がらせ?としか思えないけど、今のぴーくんにそんなことを考えている余裕はないはず。

どこが継ぎ目かなんてわかってないし。

なので偶然なんだろうね。

それでも毎日何枚ものタイルカーペットを洗うのはそこそこストレスな上に、タイルカーペットだと時間が経つとどこにしてあるのかわからなくなることもあって、最近では出かける時には洗えるトイレシートとか、人間用おねしょシートなどをそこらじゅうに敷いて出かけます。

こっちも洗うの面倒くさいのは変わらないんだけど、乾かすのは楽。

人間用おねしょシートは日暮里で1m 399円というお値段で、軽くて乾きがあっという間のところが大変重宝しています。

ずいぶん前に2mくらい買ってあったのですが、先日さらに5m追加購入してきました。それでも2000えーん!


                                   こんなやつ↓


Dvc00011_3

表はざらざらとした感じの布で裏にコーティングされています。薄いし、おそらく人間の介護用か赤ちゃん用にシーツ下に敷くかシーツの代わりに敷くものだと思われます。

ま、お家的にはね。インテリアとか呼べる状況にすらないですが。 

それでも家にいる時は、ぴーが起きた瞬間にトイレに連れて行き、少し支えながら待っていると、ちゃ~んとトイレでしてくれます。

いい子でしょ?

| | コメント (0)

2012年5月19日 (土)

老犬の悩み⑥ ぴーくんのその後

数日前、全く立てなくなったぴーくん。

その後・・・・

なんと立てなくなる前のもうちょっと前の状態にまで復活!!happy01

素晴らしい15歳!

頑張るなぁ。。。

実は何が原因だったのかは今もよくわからないのですが、いくつか気になったことを前の状態に戻しました。

立てなくなる少し前からご飯の食器を変えていたこと、ドライをお湯で柔らかくしていたものを固いまま細かくしていたこと、サプリをさぼっていたこと、この3つを元に戻しました。

少しでもご飯を食べやすいように・・・と思ってしたことだけど、食器は高さが低くなっていたし、ドライフードが固いのも消化の妨げになっていたのかも。

さらにさぼっていたサプリの復活。復活して3日目くらいから、あれ?ぴー、ちょっとしっかりしてきた??って感じが・・・。

足腰もだけど、頭の方が特に。

何故かというと今までトイレに連れて行ってもただグルグル回って用を足すだけだったのに、昨日辺りから匂いをチェックするようになっているのです。

さらにちゃんと意思を持って歩いてる。自らが行こうとしている所へ行き、寝ようと思ってるベッドを選んでる気がする。

いやーやっぱりさぼっちゃダメだったなー。悪いことしちゃった。何で止めてたんだろう??

まあ、まだ気圧の変化説も残っていて、今日のようにお天気の良い日を基準にはできないけれど、私としてはかなり嬉しい回復っぷりです。

まだまだ行けるね!

Imgp0010

                 7年くらい前、8歳の頃のぴーくん


| | コメント (4)